PHILOSO-FISH ふじいの釣りと哲学

関西を拠点とした釣りの記録と、釣りを哲学・心理学・倫理の観点で捉えた考察を紹介します。

MENU

釣り人は悪か

f:id:fujiiwataru1224:20210125101218j:plain

釣りと殺生について。

仏教の世界では生き物を殺すこと自体が「殺生」という悪です。

私は宗教家ではありませんが、これは昔から悩んでしまうテーマの一つでした。

もちろん、食べる目的の魚もいれば、そうでない魚も普通に傷つけるし、結果的に殺してしまうことだってありました。

 

ゴミの問題も釣りをしていて避けられない話でしょう。

避けられないルアーロスト。

予期せぬラインの高切れ。

気を付けていても起こる可能性のあることを、私はやってきました。

 

こんな悩みを解決、はしないものの、和らげてくれるマインドを今日はご紹介したいと思います。

 

 

傷つけたから、守ることができる

この言葉は、私が高校生の時、エクストリーム社の小川健太郎氏が発信した言葉です。

答えは簡単です。

 

  • 釣りが楽しくて仕方がない私。
  • 水辺に興味がない他の人たち。

 

最終的にどちらが愛しい水辺を守ることができるでしょうか。

傷つけてしまうけれど、その行為は対象を理解しようとする行為に違いありません。

けして傷つけたいという欲求からくるものではありません。

 

対象を押さえつけて、根こそぎ獲り尽くし、水辺を支配しよう、独り占めしてやろう。

少なくともそんな気持ちは、私には微塵もありません。

 

奪ってしまった命より、生かしてくれた命に目を向け、感謝する

怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対応で話題に | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

真言宗の僧侶様から頂いたお言葉です。

人間は漫然と生きているようでも、人間の命は他の命の上になりたっています。

そこに害意がなく、感謝の心があれば「守りたい・もっと愛したい」の意識は自然とわいてくると信じています。

 

奪う命に罪悪感はあります。

しかし、水辺を思いやる気持ちをもって接する時、それをエゴイズムと呼ぶことはできるのでしょうか。

私たち釣り人は、誰よりも水辺の事を気にかけ、愛する機会を持っています。

 

もし、魚が釣れなかった時。

釣りができない状況になってしまった時。

水辺で嫌な思いをするようなことがあった時。

 

それでもなお、水辺やそれを取り巻く人間を含む社会を憎まず、

慮ることができるのであれば、釣り人は水辺を愛していると言っていいと私は考えております。

そして、守ることができるのは、愛する気持ちがあってのことです。

 

自分が快楽を得るためだけなハズの釣りが、

それ自体によって苦しさや辛さを感じたとしても、愛する覚悟をする事。

皆様、お持ちですか?