PHILOSO-FISH ふじいの釣り

関西を中心に釣りの記録やHOW TOを紹介をします。マルチアングラー。

MENU

和歌山の落ち鮎シーバス

晩秋、多くの生き物が迫りくる凍える季節に備える時期ですね。

ある生き物は冬に備えて栄養を摂るために捕食活動を盛んにし、

またある生き物は自らの命を燃やし尽くして次の世代へと命を繋ぎます。

 

今回はそんな命の活動を「落ちアユパターンシーバス」を通じて紹介したいと思います。

 

 

 

南紀・和歌山の落ちアユパターンシーバス

まず落ちアユとは!

和歌山では河川によりますが、11月頃~翌1月頃までアユが産卵シーズンを迎えます。

多くのアユは1年で成熟、産卵、そしてその一生を終えます。

産卵後のアユはそのエネルギーを子孫を繋ぐことに使い果たしてしまいます。

精魂尽きた鮎たちは、秋風に冷やされた清流を漂うように流されます。

清明の力強さと儚さの両方がこの「落ち鮎シーズン」と言われる時期には交錯します。

 

f:id:fujiiwataru1224:20210125163247p:plain

一方、シーバスはと言うと...

11~1月に産卵を迎えます。肉食魚の彼らは産卵に向けて膨大なエネルギーを必要とします。

そこに、清流を無抵抗に流れゆくアユたちが流れてくると、それはもう格好の栄養源となります。

命の役目を終えるモノ、命の物語をつづり続けるモノ。

この釣りではそんな自然の荘厳さを一括りに経験することが出来ます。

 

タックル

f:id:fujiiwataru1224:20210125160253p:plain

 

竿

シーバスロッド9~11ft M~MHクラス

この釣りは流れに対しての細かいコースの調整が求められます。

竿を長さを利用してルアーを流すルートを誘導しますが、あまり長いと操作が大雑把になりすぎます。

コントロール可能な範囲で長いものを選んでください。

(握力がない方は9ft6inくらいまででかな?)

 私が使っているモノです。

 ディアルーナS106M/シマノ

リール

PE2号を150m程度巻けるモノ(リーダーは7~8号を1m)。

ギア比は使い慣れた物がいいですが、ハイギアすぎるものはお勧めしません。

暗闇のアップクロスキャストがメインになる釣りです。

弛んだラインを回収する際にローター早く動きすぎると、ラインがスプールの下に入り込むトラブルが起こる可能性が上がります。

そのギア比に慣れているのであれば、そんなトラブルも起きません。

しかし最近はリールのギアが細分化されすぎてリールの糸巻きスピードの感覚値がバカになりがちです。

であれば、最初からノーマルギア等の早く巻きすぎないリールを選択するのもあり、と言う提案です。

妻から結婚祝いに買ってもらいました。

 ヴァンフォード4000/シマノ

 

リーダーは太目のものを1mとしています。

これはリーダーに水の抵抗を受けさせて、ルアーの向きを操作する為のモノとして使います。

あまり長いと竿の操作でリーダーを水中から出しにくいので、最低限の長さにしておくといいでしょう。

 

ルアー

今回はサイドプレス160F/ピックアップを使用しました。

落ち鮎シーバスにおいては、ルアーの頭の向きが下流に向く事がキモです。

立ち気味のリップが後ろから水流を捉えて、勝手にルアーが下流を向いてくれます。

 

 あとはリップレス系のプラグもあれば、どうしても水面に出にくい時に活躍するでしょう。

ちょっとしたコツ

この釣りは無抵抗に流れてくる落ち鮎をイメージさせる釣りです。

ルアーの操作によって魚の活性を上げる事が難しいので、要所要所で確実に1本ずつ釣る事を大切にしましょう。

f:id:fujiiwataru1224:20210125161523p:plain

ドリフトで釣る事が主流ですが、手堅く1本釣れるのはこの角度。

足元に大岩や、川のカーブ外側で深くなっていれば高い確率でシーバスが潜んでいます。

アップクロスにキャストし、そのルアーの頭の向きを維持しながらそのスポットに近づけます。

足元まで引いてバイトが無くても、10秒ほど浮かべていたらバイトが出る時もありますのでお試しください。

但し、注意・留意事項があります。

・河川のカーブ外側は足元が悪いこと多いです。(急斜面、大きな岩がゴロゴロしている等)くれぐれも安全面にご注意ください。

・この方法は釣れる確率自体は高いのですが、1か所につき1~2匹しか釣れないことが多いです。ランディングポイント=食わせスポットになっている為です。

数を釣りたいなら上記のようなポイントを対岸から丁寧に狙った方がいいでしょう。

 

実釣

釣行日:2020年11月上旬

天気:一日中冷たい雨。風はありませんでした。

 気温:最低5度

水況:笹濁り

f:id:fujiiwataru1224:20210125160234p:plain

 この川にはサツキマス狙いでよく来ましたが、シーバスを狙うのは初めて。

日が高いうちに、十分に下見をし、安全もチェック。

足元の岩に流れが当たって深くなったところや、ワンドのような場所もあります。

 

目視では落ち鮎を確認できませんでしたが、シーバスはきっとここで落ち鮎が流れてくるのを待つだろう、と数か所目星をつけました。


さて、いざ秋の氷雨に濡れながら真夜中の深淵に立ったのはいいですが…

都会の明るさになれてしまった私には、視界が全く効かないことに戸惑いと恐怖を感じます。 


暗闇、ゴロゴロ岩の川岸を恐る恐る歩き、竿2本分程度岸から離れ、食わせるスポットの上流側へアプローチ。

流れで手前に寄ってくる糸ふけだけを回収し、狙いの岩陰へ竿の操作で近づけると…

バコン!バシャバシャ!

バイトと同時に足元の水たまりで水しぶきが上がる!

 

f:id:fujiiwataru1224:20210125160428p:plain



そこそこサイズ!60センチ後半でしょうか。

こうも早く反応を得られるなんて!

興奮を抑えつつ、20mほど下流でリリース。

 

似たようなシチュエーションで、もう一度同じように流すと….

バコン!バシャバシャ!

f:id:fujiiwataru1224:20210125160437p:plain

ほらヤッパリ!

同じように釣れました!

この後も連続で数バイト出ましたが乗せきれず、キャッチは以上。

歩き回ったおかげで少しプレッシャーがかかったようです。

これは反省です。

納竿としました。

 

真夜中、ゴロタ岩の危うい足元、激流からの轟く響き、手を悴ませる晩秋の雨。

自然の母のような穏やかさは時には一変し、厳しい一面を自然は感じさせてくれます。

人間と自然は分断されましたが、このような苦難を乗り越える事で、人はまた自然の一部に帰る事が出来るような気もします。

 

 

今回のレポートは以上!